< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2011年09月17日

WA COLT M1911






今回は、ウエスタンアームズの「COLT M1911」のご紹介です。
ちなみに、WAの商品名としては「コルト M1911ワイルドバンチ/ガンブルー」となっています。








実銃は、米陸軍制式採用拳銃のトライアルにより、「U.S. AUTOMATIC PISTOL CALIBER .45, MODEL OF 1911」として1911年3月29日に採用されたものです。以降、’20年代に登場した改良モデル「U.S. AUTOMATIC PISTOL CALIBER .45 MODEL OF 1911A1(M1911A1)」を経て、’85年ベレッタM92FがM9として制式採用されるまでの70年以上にわたり米軍の制式採用拳銃の座にありました。
また、現在に至るも各社からカスタムモデルが出ており、そういう点でも記念碑的なモデルといえますね。









トイガンとしてのM1911はMGCのモデルガンが最初でしょうか。その後、リアルマッコイズとエランがモデルガンで、WAがガスガンで製作しています。









WAの商品名に採用されている「ワイルドバンチ」という名称は、西部劇『ワイルドバンチ』から取られているそうです。まぁ、名称は異なりますが、実質はコルト・M1911の表面処理バリエーションですね。
WAのウェブサイトやブログによると、スライドとフレームの表面処理をおこなったうえでブルーイング溶液で染めているそうです。好みはあるでしょうが、メーカー製品(それとも、ショップカスタム?)としてはそれなりの質感に仕上げっているとおもいます。














同じカテゴリー(WA [GG])の記事画像
WA-base  KIMBER ECLIPSE TARGET II
WA  KIMBER ECLIPSE CUSTOM II
WA-base KIMBER WARRIOR SOC
WA KIMBER DESERT WARRIOR
WA-base  KIMBER TACTICAL ENTRY II
WA KIMBER TACTICAL CUSTOM II
同じカテゴリー(WA [GG])の記事
 WA-base KIMBER ECLIPSE TARGET II (2018-06-15 23:59)
 WA KIMBER ECLIPSE CUSTOM II (2018-06-09 23:59)
 WA-base KIMBER WARRIOR SOC (2016-08-24 23:59)
 WA KIMBER DESERT WARRIOR (2016-08-19 23:59)
 WA-base KIMBER TACTICAL ENTRY II (2016-07-08 23:59)
 WA KIMBER TACTICAL CUSTOM II (2016-07-02 23:59)
この記事へのコメント
こんばんは、M1Aです。

BB弾の撃てるM1911モデルもいいなあ、とか思いつつ、眺めるばかりになっています。

メーカー純正のブルーモデルですが、かなり青みが強いですね。

私はラブレスモデルくらいしか、ブルーモデルはありませんが、モデルを撮影したらなんとなく輪郭がぼやけてしまいました。

流石に、綺麗な画像ですね。

更新頑張ってください、それでは失礼します。
Posted by M1A at 2011年09月19日 03:52
M1Aさま、こんにちは。

今回は太陽光で撮ってみましたので、ちょっと青みが強調されているかもしれませんね。
もう好みの話になってしまうのですが、こういうものもいいかな~とおもっています。
ペースはあやしいですが、しばらくのあいだ更新をしたいとおもっていますので、お付き合いいただけましたら幸いです。
Posted by Virna at 2011年09月20日 13:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。