< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年02月10日

TANAKA GLOCK 17






今回はタナカの「GLOCK 17」の登場です。









実銃は、米国をはじめとする各国の公的機関で採用されているオートマチック・グロック17の第三世代モデルです。その最大の特徴はフレーム下部のアンダーマウントレールの採用と、グリップのフィンガーチャンネル付きのデザインへの変更にあります。









トイガンとしてのモデルアップは、有名なMGCのガスブローバックモデルのほか、複数のメーカーより製品化がされています。また、本モデルはガスガンですが、タナカはこのモデル以前に第二世代のモデルをモデルガンで製作しています。









モデルガンの金型を使用したという話の本モデルですが、全体的に非常によくまとまった印象があります。ガスガン発売当時競作となったKSCのモデルがグロックの独特のトリガーアクションを再現していなかった一方、タナカのそれはきっちり再現していた点が評価をされていました。
(* KSCも現行モデルでは再現していますね)









本モデルの購入には、ちょっと切ない想い出があります。

覚えている方もいらっしゃるかとおもいますが、グロック17の発売後、六研がコンペンセイターを採用した「17C」モデルを再現するスライド&バレルのセットの発売をアナウンスしました。
私はその発売を楽しみにしておりましたが、数ヶ月経っても発売された形跡がありません。夏になり、とあるイベントに出ていた六研ブースにて六人部氏に製品についてお訊ねしたところ、「発売はなくなりました」とのこと。ぜひ欲しかったという感想を伝えると、「では、試作品が事務所にあるので、なんなら次週のべつのイベントにそれを持ってきてもよい」と言っていただきました。喜んだ私は、それ用にこのG17HWを購入し、帰路につきました。
翌週指定のイベントの六研ブースに行ったところ、六人部氏は持ってくるのを忘れたので、今度事務所に電話してくださいと言って電話番号を書いたメモ紙を渡してくれました。1ヶ月ほどして いささか緊張しながら電話をしたところ、探したが無いとのことでした。探していただけただけでも、ありがたいことです。

以上が私のタナカG17に対する想い出です。この業界、お蔵入りになるものは数多くあり、こればかりは致し方のないことですが、いまおもいだしても残念なことではあります。しかしながら、単なるファンである私が、六人部氏のお人柄に触れられたよい想い出ではあります。











同じカテゴリー(タナカ [GG])の記事画像
TANAKA S&W PC M327 M&P R8
TANAKA SMITH & WESSON M1076
TANAKA BERETTA M93R 1st
TANAKA  FN BHP Mk‐III
TANAKA  FN BHP MILITARY MODEL
TANAKA GLOCK 17
同じカテゴリー(タナカ [GG])の記事
 TANAKA S&W PC M327 M&P R8 (2009-10-18 23:59)
 TANAKA SMITH & WESSON M1076 (2009-07-12 23:59)
 TANAKA BERETTA M93R 1st (2009-03-22 23:59)
 TANAKA FN BHP Mk‐III (2008-10-21 23:59)
 TANAKA FN BHP MILITARY MODEL (2008-10-18 23:59)
 TANAKA GLOCK 17 (2008-09-15 23:59)
この記事へのコメント
六人部さんのお話、すごいです。
そして、残念なことでしたねえ。

タナカのグロックは小生もモデルガンを所有しておりますが、ガスガンはなぜかひとつもありません。
MGCで疲れてw、KSCで満足してしまったのが原因かもしれません。
タナカ製ガスブログロックに少し興味が出てまいりました。
Posted by だいじそ at 2008年02月11日 00:11
だいじそさま、こんばんは。

カスタムパーツの件については非常に残念な想いはありますが、こればかりは仕方ないですね。でも、六人部氏の鷹揚な人柄に触れられてよかったとおもってます。六人部氏とはイベントでほんの少しばかりお話させていただいただけですが、どれもよい想い出です。

タナカ・ガスブロ グロックは時折イベント等で安売りしているのを見ますが、基本的に再販のないモデルですね。金型をスライド固定ガスガンに回したというのは本当かもしれませんね。

・・・などと書いておりますが、恥ずかしながら、私は旧MGCのグロックを1丁も所有しておらず、じつはガスブロ グロックを語る資格もないのかもしれません・・・。そのあたりはご寛恕を乞いつつ、次回以降もよろしくお願いいたします。
Posted by VirnaVirna at 2008年02月11日 00:33
今晩は。

良いお話ですネ、故六人部さんの人柄が判ります・・・

小生も始めてのガス・ブロがMGCのG17でした、軽快な回転に驚いたものです。

GLOKCはタナカのモデルGUN・G17、タナカのガス・ブロG17、KSCのガス・ブロG18C・G!9・G26と所有していますが、惜しいかなMGCのG17はお嫁入りしました。

MGCのG17を、オクで見つけて所有したく成りました。
Posted by ichiro5ichiro5 at 2008年02月11日 01:46
ichiro5 さま、こんばんは。

六人部氏。「故」と付けなければならないのが、非常に残念です。

MGCのグロック、驚くほど快調な機種だったそうですね。そして、驚くほど多様なバリエーションを生み出した機種でもあります。イベント等で出物があると手を出したくなるのですが、踏ん切りがつかず、いまだ入手できておりません。そろそろ購入してみるべきでしょうか。
Posted by VirnaVirna at 2008年02月11日 01:57
前の記事のが旧MGCのガスガンじゃないとすると、まさかアレは今となっては超レア物のタナカの・・・。
持ってるVirnaさんが羨まし過ぎます。
Posted by TOM at 2008年02月11日 18:18
TOM さま、こんばんは。

え~と、おそらくご推察のとおりでございます。レア物かどうかはわからないですが、たしかにあまり見なくなりましたね。やはりガスガンへの金型の転用というのは本当なのでしょうか。
Posted by VirnaVirna at 2008年02月12日 00:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。