< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年02月08日

Gunze L.A.R. GRIZZLY WIN MAG






え~、問答無用の「勝手に連動企画」第3弾、今回はグンゼ産業の「L.A.R. GRIZZLY WIN MAG」の登場です。









というわけで、今回は だいじそさまのブログ『元祖「GUN物喪志」』との「連動企画」でございます。









実銃&トイガンの簡単な情報は前出の記事をご覧ください。半年ほどまえの記事ですが、意外とちゃんと書いてありますね。









現状で他社からは製作されていないモデルですね。誰もが知っているというほどの知名度はないものの、それほど好き嫌いの分かれるとはおもわれないデザイン、大口径ならではの迫力等ガスブロで製作されてもよいモデルだとおもいます。なによりその大きさはガスブロ向きであるとおもうのですが、いかがでしょうか。









ところで、今回改めて見ておもったのですが、メッキの質感がなかなかよいですね。フレームとスライドの色調が若干異なるように見えるのも驚きです(経年変化?)。グンゼ産業、侮れません。撤退が惜しまれるところであります。これは、ぜひともコンペンセイターモデルも入手したいものです。












同じカテゴリー(グンゼ産業 [AG])の記事画像
Gunze L.A.R. GRIZZLY WIN MAG
同じカテゴリー(グンゼ産業 [AG])の記事
 Gunze L.A.R. GRIZZLY WIN MAG (2007-08-30 00:00)
この記事へのコメント
うひゃあっ
素敵っ!

ブラックとの格差に、今更ながら驚いております。
グンゼ産業、なかなかでしょう?
茶色がかったメッキモデル(SIG P226)なんてのもありましたが、そっちは今イチでした。
このシルバーはとてもいいですね!
いつか必ず!とあらためて闘志が涌いてきます。

ちなみに「コンペモデル」は初耳でした。
とっても気になります。
Posted by だいじそ at 2008年02月09日 12:46
だいじそさま、こんばんは。

いやはや、このモデルはなかなかの完成度ですね。マガジンの表現度もそうですが、全体的に気合の感じられる出来栄えです。すごいぞ、グンゼ産業! もっかい参入してくれたりしないですかね~。
コンペモデルは、私も「噂」を聞いただけで、実物を見たことはありません。いずれ手にしたいものです。
Posted by VirnaVirna at 2008年02月09日 23:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。