< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年01月20日

KOKUSAI COLT POCKET .25






え~、今回は急に始まりました「勝手に連動企画」第一弾、コクサイ産業の「COLT POCKET .25」の登場です。









というわけで、唐突に始まりました本企画は、「人様のブログに便乗してちょっと記事を書いてみよう」という思いつきにして先行き不透明な首の据わらないものでございます。
ちなみに今回の餌食 ご協力ブログは、のぶちゃんさまのブログ「エアーガン・コレクション・・・密かな楽しみ」でございます。









実銃は、ジョン・M・ブローニング設計のFN ポケットモデルM1906をベースに、1908年に米コルト社より発売された「M1908ベストポケット」です。この銃の紹介はのぶちゃんさまのページに詳細が載っていますので、こちらもあわせてご覧ください。
ちなみにコクサイの商品名の表記は、上記のとおり単なる「ポケット」モデルになっていますね。









モデルガンとしては唯一のモデルアップとなります。そのサイズの割りに精巧なモデルで、HW樹脂で再販してくれれば、現在でも通用するような気もします。正直、発火するには不向きなモデルかともおもいますので、最近発売されたマルシン製品のようにダミーカート化というのもひとつの手かもしれませんね。いずれにせよ、ハドソンのブローニングベイビーとともに再販を望むモデルであります。









と記事を進めてきたのですが、これでは本当に主旨のわからない企画になってしまいますので、写真を追加でもう2枚。専用の「サイレンサー」を装着してみたところです。この「サイレンサー」、別売の筈ですが、本体のスチロール箱にはそれ用のくぼみがあったりします。
ちゃんとねじ込み式になっていたりして、ちょっと嬉しいです。こういう小道具はマルシンの十八番かとおもっていましたが、コクサイも発売していたのですね。


















同じカテゴリー(コクサイ [MG])の記事画像
KOKUSAI S&W M60 LADY SMITH
KOKUSAI S&W M36 2in
KOKUSAI COLT LAWMAN MKIII 2in
KOKUSAI COLT LAWMAN MKIII 2in
KOKUSAI  S&W M686 6in
KOKUSAI COLT TROOPER MKIII 6in
同じカテゴリー(コクサイ [MG])の記事
 KOKUSAI S&W M60 LADY SMITH (2010-04-11 23:59)
 KOKUSAI S&W M36 2in (2009-10-28 23:59)
 KOKUSAI COLT LAWMAN MKIII 2in (2008-11-04 23:59)
 KOKUSAI COLT LAWMAN MKIII 2in (2008-11-01 23:59)
 KOKUSAI S&W M686 6in (2008-10-06 23:59)
 KOKUSAI COLT TROOPER MKIII 6in (2008-07-06 23:59)
この記事へのコメント
Virna様。おはようございます。
私めの様な者のブログで良かったら幾らでもトラックバックしてください。

やはり、モデルガンの方がリアルで良いですね。固定スライドガスガンは飽くまで外観だけの模造ですから・・・あ~「コルポケ」のモデルガンが欲しいよ~(><;)
Posted by のぶちゃん at 2008年01月21日 07:48
のぶちゃんさま、こんばんは。

早速トラックバックさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

モデルガンは弾を撃ったりこそできませんが、ちょっと弄ぶにはよいですよね。古いモデルは壊してしまいそうで、怯む場面もありますが。
このモデルは、ぜひともHWで再販してほしいものです。好きな方は結構いるとおもうのですがね~。
Posted by Virna at 2008年01月22日 01:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。