< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2008年01月17日

MARUZEN WALTHER P38






今回はマルゼンの「WALTHER P38」の登場です。









実銃は、'38年に「ルガーP08」にかわり独陸軍の制式採用となった自動拳銃です。当時最新であったダブルアクション機構を採用したほか、プロップアップタイプのショートリコイルを取り入れるなど、非常に意欲的なモデルであったといえます。









日本でも根強い人気のあるモデルで、トイガンとしても数度製品化されています。
本モデルはそのなかでも決定版といえるモデルで、ワルサー社と提携したマルゼンが実銃の図面の提供を得て製品化したものです。また、その完成度は、発売当時競作となりそうだったタナカ版P38「グレイゴースト」が試作までできていたにもかかわらず製品化されなかった点に間接的に現れているかもしれません。









これだけの完成度を誇るモデルでありながら、バリエーションは刻印違い、表面処理違いに留まります。外箱にはいかにも様々なバリエーション展開を予測させるようなイラストがあっただけに非常に残念です。あわよくばP5まで・・・という私の願望はどうも願望に終わってしまいそうですね。













同じカテゴリー(マルゼン [GG])の記事画像
MARUZEN  COLT GOVERMENT
MARUZEN  WALTHER PPK/S
MARUZEN WALTHER P99 COMPACT AS
MARUZEN WALTHER P99
同じカテゴリー(マルゼン [GG])の記事
 MARUZEN COLT GOVERMENT (2008-06-28 23:59)
 MARUZEN WALTHER PPK/S (2008-02-19 23:59)
 MARUZEN WALTHER P99 COMPACT AS (2007-10-24 09:09)
 MARUZEN WALTHER P99 (2007-09-01 09:09)
この記事へのコメント
昔の銃は現代の物と違い、美しいですね。現代の物はマシンという感じがします
Posted by at 2008年01月18日 18:00
?さま、こんばんは。

おっしゃるとおり、昔の銃は造形に美しさを感じますね。最近の銃は機能性を追及したよいデザインもあるのですが、方向性が異なるようにおもいます。これで、実銃のブルー仕上げだとさぞ綺麗だろうと想像します。
Posted by Virna at 2008年01月20日 01:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。