< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2007年12月26日

MKK S&W M586 4in






今回はマルシンの「S&W M586 DISTINGUISHED COMBAT MAGNUM 4in」の登場です。









実銃は米S&W社が'80年に発表した、M19の発展型的な位置付けのモデルです。元々Kフレームが.38スペシャル用であり、.357マグナムを多用した場合耐久性に問題があるため開発されたのがLフレームとのことです。
M586の外観の特徴は、よく言われることですが、パイソンのようにバレルの先端まで伸びたエジェクターロッドハウジングにあります。









トイガンとしては人気機種のひとつで、エアガン、モデルガンでは各社の競作となりました。とくにモデルガンでは、今回掲出分のマルシンのほか、コクサイ、MGCの競作となっており、それぞれ非常にすばらしいモデルを製作しています。









マルシンのM586は、モデルガンの競作の最後発モデルであり、外観や内部パーツのリアルさなど、その完成度の高さが非常に評価されたモデルでもあったそうです。また、刻印関係も一時期商標の問題で変更されていましたが、数年前よりクリアされ現行モデルはリアルなものとなっています。









このM586、正直パイソンやM29ほどの色気も存在感もないのかもしれませんが、個人的には好きなモデルで、マルシン製品だけでも何丁か所有しています。今回掲出分は「エクセレントHW」モデルですが、通常のHW樹脂のほか、鉄粉を混入した「アイアンフィニッシュ」というものもありました。その辺りのモデルは今後の機会に譲るとしまして、M586、もう少し続きます。





同じカテゴリー(マルシン工業 [MG])の記事画像
MKK BERETTA U.S.N. M9 DOLPHIN
MKK SMITH & WESSON M439
MKK SMITH & WESSON M39
MKK WALTHER PPK
MKK BERETTA M84
MKK FN BHP PINDAD MODEL
同じカテゴリー(マルシン工業 [MG])の記事
 MKK BERETTA U.S.N. M9 DOLPHIN (2009-12-28 23:59)
 MKK SMITH & WESSON M439 (2009-04-05 23:59)
 MKK SMITH & WESSON M39 (2009-04-02 23:59)
 MKK WALTHER PPK (2009-03-30 23:59)
 MKK BERETTA M84 (2009-03-27 23:59)
 MKK FN BHP PINDAD MODEL (2008-11-28 23:59)
この記事へのコメント
こんばんは
私、アイアンの方は箱ごと落として砕けました。
扱いには要注意です。(^_^;)
Posted by denden at 2007年12月26日 20:38
denden さま、こんばんは。

・・・うわさには聞いておりましたが、ホントに脆いものなのですね。ご愁傷様です・・・。
お気に入りで空撃ちしまくりでしたが、それも気をつけたほうがよいですね。
Posted by Virna at 2007年12月27日 00:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。