< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年09月01日

CAW GLOCK 18(GEN2) のつづき






本日は、きのうに続きましてCAW・グロック 18(GEN2)のご紹介です。








実銃は、軍用に開発されたマシンピストルとなります。まさしくハンドガンサイズのため携行性は高いとおもわれますが、現実的には扱いが難しいかもしれませんね。
実銃の素性はともかくとして、トイガンとしてはM93Rと並んで楽しいモデルとなっていますので、機会があれば発火も楽しんでみたいものです。









本モデル発売後のCAWは、メーカー活動を積極的に進めており、新規開発モデルの第一弾である51ネイビーを皮切りに、他社がモデルアップしないような機種を製作してくれていました。トイガン好きとしては非常にありがたいメーカーで、私も幾つかの機種を購入しております。その割に当ブログでのご紹介が少ないのは、まさしく私の怠惰によるものですね・・・。
現在はCAWを率いていた本郷氏も別の組織を立ち上げておられるようですが、ぜひとも今後もユーザーがドキムネになるようなモデルを作っていってほしいものです。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]