< 2018年06>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年06月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。今月もいつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌でご確認ください。

2018年8月号は、「FN509」の記事から始まっています。子会社であるFNアメリカの製品が本社に採用されたということで、製品自体もなかなかのようですね。デザイン的に飛びぬけているものはありませんが、うまくまとまっている雰囲気ですね。
個人的に嬉しかったのは「S&W Model 41」です。古さを感じさせないデザインで、本当に美しいとおもいます。トイガン化は望めそうにありませんが、3Dプリンターの実用性がいま以上に高まれば、製作してくれる方も現れるのでしょうか。

トイガン関係は、個人的に気になるモデルはありませんでした。
WAの新製品がなかったのはややオドロキですが、それ以上に、この記事を書くまでそれに気が付かなかったことのほうが衝撃的でした。「定番を充実させてほしい」とはおもっていましたが、それ以外にまったく再販もないのもザンネンなものですね。

暑い日がつづくとおもえば、関東甲信越は梅雨明けとのこと・・・。早くも猛暑が想像されるのもキツイですが、水不足を予感させるのも困りものですね。「異常気象」がフツーになっていくのでしょうか。というところで、では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2018年06月17日

WA KIMBER ECLIPSE TARGET II のおまけ






本日は、WA・キンバー エクリプス ターゲット IIのおまけ写真をお届けします。






▲グリップパネルはキム・アーレンの木製グリップです







▲アジャスタブルタイプのリアサイトが魅力です







▲最後はエクリプスカスタム IIと
よく見るとエクリプスカスタム IIはフレームが・・・



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年06月16日

WA KIMBER ECLIPSE TARGET II のつづき






本日は、きのうに続きまして WA・キンバー エクリプス ターゲット IIのご紹介です。








本モデルは、前述のとおりWAのエクリプス カスタム IIをベースに製作いただきました。
キンバー専用のアジャスタブルサイトは、通常のノバックタイプの溝とおなじサイズでベース部分のみ削れば収まるため、刻印とともにモデル工房Sさまに加工をお願いいたしました。
加工自体の難易度について私にはわかりませんが、塗装モデルではないため失敗ができないという点ではプレッシャーもあったかとおもいますが、まったく見事に加工いただいております。本当にありがとうございます。









また、WAのエクリプス カスタム IIのグリップパネルはお得意の金属製のものでしたが、さすがにそれでは雰囲気がでないので、本モデルについてもキム・アーレン製の木製グリップに変更しております。
エクリプス カスタム IIと比較して、リアサイトが変わっただけではありますが、この佇まいは得がたいものだな~とおもっています。
もう少しボマータイプのモデルが増えてもよいようにおもいますね。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]

2018年06月15日

WA-base KIMBER ECLIPSE TARGET II






今回は、WAのパーツを組み合わせ、一部を加工していただき再現しました「KIMBER ECLIPSE TARGET II」のご紹介です。








実銃は、米キンバー社製1911ファミリーのうち、「ECLIPSE II」のカテゴリーに入るモデルとなります。
簡単に言ってしまうと、エクリプスカスタム II をベースに、アジャスタブルリアサイトに変更したモデルとなります。









トイガンとしては、B.W.C.がモデルガンを製作しています。
WAからはエクリプスカスタム IIはモデルアップされているものの、こちらのアナウンスはありません。というより、キンバーにはボマータイプのリアサイトを搭載したモデルはいくつかありますが、WAからモデルアップされているのはゴールドマッチ II 2機種のみですね・・・。ボマータイプのモデルは人気がないのでしょうか。









本モデルは、WAのエクリプスカスタム II の初回製造モデルをベースに、スライドのみ加工いただき作成したものとなります。本モデルのスライドの刻印とリアサイトの溝加工はモデル工房Sさまにお願いしたものです。
WAのエクリプスカスタム IIの初回製造モデルはスライド刻印がなく残念でしたが、本モデルの再現には幸いとなっているのは、やや皮肉な感じがしますね。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)WA [GG]

2018年06月14日

ツートン+アジャスタブルサイトの魅力







みなさま、こんばんは。
え~、前回までにご紹介したエクリプス カスタム IIは、スライドとフレームの2トンが印象的なデザインになっています。
シンプルなパーツ構成ながら磨き上げられた側面の処理が、キンバー1911群のなかで、ほかにはない魅力を発揮しています。
そのようなエクリプスファミリーにはいくつかの仲間がおり、フルサイズモデルとしてはご紹介済みのエクリプスカスタム IIのほか、エクリプス ターゲット IIがあります。
こちらもWAがラインアップに加えるかと期待しておりましたが、「ボマーサイトモデルは売れない」のジンクスか、現在もモデルアップされる気配はありません。
というわけで、またもや再現にご協力をいただきまして、明日以降、WAベース・キンバー エクリプス ターゲット IIをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2018年06月11日

WA KIMBER ECLIPSE CUSTOM II のおまけ






本日は、WA・キンバー エクリプスカスタム IIのおまけ写真をお届けします。






▲グリップパネルはキム・アーレンの木製グリップです







▲ツートンの存在感は他のメーカーにはない魅力です







▲パーツ構成は至ってシンプルです



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年06月10日

WA KIMBER ECLIPSE CUSTOM II のつづき






本日は、きのうに続きまして WA・キンバー エクリプスカスタム IIのご紹介です。








本モデルは一度黒く塗装されたフレーム/スライドの側面をポリッシュし、実銃のイメージどおりのツートンカラーに仕上げられています。
先述のとおり、研磨面はオイルを切らすとポリッシュされた表面が黒ずんでしまうのが難点ですが、現状ではこれに代わる表現方法はなさそうですね。









最近のキンバーはどれも特有の個性的なグリップパネルになっていますが、数年前までは比較的スタンダードなデザインのグリップを付けているモデルもありました。
今回はキム・アーレンの木製グリップで数年前のカタログで掲載されていたイメージに近いものがありましたので、そちらに変更しております。

・・・すみません、じつはあじゃカスタム・S&W SW1911 / アジャスタブルターゲットサイトに付けていたグリップがイメージに近かったのでそちらから調達しています。
SW1911にはキム・アーレンの別グリップを付けておりますので、また違う機会にご紹介いたします。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]

2018年06月09日

WA KIMBER ECLIPSE CUSTOM II






今回は、WAの「KIMBER ECLIPSE CUSTOM II」のご紹介です。








実銃は、米キンバー社製1911ファミリーのうち、「ECLIPSE II」というカテゴリーの代表モデルとなります。
最大の特徴はその外観で、ステンレススチール製のスライドとフレームの側面がポリッシュされており、研磨前のマットブラックの部分とのツートンを楽しむことができます。









トイガンとしては、唯一だったとおもいます。
WAのキンバーモデルのラインアップとしては比較的早い時期に加わりました。WAが「渋谷試作」といった少数製造の路線を始めた頃にラインアップに入り、それ以来、数回再販されていると記憶しています。
今回ご紹介のモデルは再販分となっています。初回製造分も所有しておりますが、こちらは当時としてはサイドポリッシュが画期的ではありましたが、残念ながらスライド側面のモデル名刻印が省略されてしまっています。









パーツ構成としてはかなりスタンダードながら、その名のとおり食をおもわせる特徴的な外観が魅力を感じさせるモデルになっています。
強いて難点を挙げれば、ポリッシュされたスライド、フレームの側面がカーボンブラック樹脂剥き出しとなっている点で、放っておくと黒ずんだようになってしまいます。
改めて見ると、購入当初に比べコントラストが弱くなってしまっているようにおもわれますね・・・。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)WA [GG]

2018年06月08日

ふたたび旅路へ







みなさま、こんばんは。
え~、当ブログでは2年ほど前に「キンバーの旅」として、WAのキンバー1911を軸とするモデルのいくつかを紹介しておりました。「弾数」としてはそれなりの物量を用意しておりましたが、結局は6機種をご紹介したのちに、トイガン紹介記事自体が一時途絶えるという状況になってしまいました。
お休みした理由としてはあれやこれやあるのですが、トイガン紹介記事は昨年末から復活することができ、ここのところのリボルバー熱も相まって、なんとか回数を重ねることができました。加えて、1箇月ほど前には周年記念を無事に迎えることができたということもあり、ここいらで途絶えてしまった「キンバーの旅」を再起動してみようとおもいます。
というわけで、再起動の第一弾として、まずはWA・キンバー エクリプス カスタムIIを明日以降にご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]