< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年06月10日

WA KIMBER ECLIPSE CUSTOM II のつづき






本日は、きのうに続きまして WA・キンバー エクリプスカスタム IIのご紹介です。








本モデルは一度黒く塗装されたフレーム/スライドの側面をポリッシュし、実銃のイメージどおりのツートンカラーに仕上げられています。
先述のとおり、研磨面はオイルを切らすとポリッシュされた表面が黒ずんでしまうのが難点ですが、現状ではこれに代わる表現方法はなさそうですね。









最近のキンバーはどれも特有の個性的なグリップパネルになっていますが、数年前までは比較的スタンダードなデザインのグリップを付けているモデルもありました。
今回はキム・アーレンの木製グリップで数年前のカタログで掲載されていたイメージに近いものがありましたので、そちらに変更しております。

・・・すみません、じつはあじゃカスタム・S&W SW1911 / アジャスタブルターゲットサイトに付けていたグリップがイメージに近かったのでそちらから調達しています。
SW1911にはキム・アーレンの別グリップを付けておりますので、また違う機会にご紹介いたします。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]