< 2018年05>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年05月25日

KSC SIG SAUER P230






今回は、KSCの「SIG SAUER P230」のご紹介です。








実銃は、スイスの国営銃器メーカー・SIG社と当時子会社だったドイツ・ザウアー&ゾーン社が開発したコンパクトオートになります。
使用弾薬は9mm×17(.380ACP/9mmショート)で、装弾数は7+1発。また、使用弾薬が7.65x17mm(.32ACP/8+1発)のタイプも製造されています。









トイガンとしては同じくKSCがガスガンとして販売しております。
モデルガンは唯一となっており、マニュアルセフティを追加したP230JPモデルも販売されています。









KSCのモデルガンとしては、メーカー活動開始後の比較的早い時期に製品化されたM93RおよびMK-Vシリーズ以来の製品ですね。KSCのウェブサイトによれば「実に14年ぶりとなる新作モデルガン」と記載されており、モデルガンという市場の難しさの一端が伺えます。
製品の外観としては安定した出来で、イジェクターのライブ化やスライド後部の2重構造になっている中空ピンの再現など、モデルガンならではのこだわり具合が非常に好感が持てますね。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)KSC [MG]