< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年03月10日

TANAKA S&W M60 CHIEFS SPECIAL 3inch のつづき






本日は、きのうに続きまして タナカ・S&W M60 チーフスペシャル 3インチのご紹介です。








実銃は1965年の販売開始以来、いくつかの改良をされつつ、現在も製造されているマスターピースのひとつとなります。3インチ銃身モデルも継続して販売されているようで一定の支持があるものと思われます。
トイガン、とくにモデルガンというジャンルではもはやロマンの範疇ではありますが、いつものチーフスペシャルが1インチの違いで変わって見えるのが面白いところです。
なお、今回はS&W純正のバナナグリップを付けてみました。3インチ銃身に付けるのも悪くないかと思いましたが、いかがでしょうか。









タナカはガスガンのみではありますが、M40とM49でも3インチモデルを販売しておりました。
Jフレームの3インチ銃身は、正直なところ数が出るとは思えないモデルではありますので、販売してくれたのはありがたいですね。
個人的にはM360でも展開してもらえると嬉しいです。








  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]