< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年03月03日

HWS S&W M15 COMBAT MASTERPIECE 2inch のつづき






本日は、きのうに続きまして ハートフォード・S&W M15 コンバットマスターピース 2インチのご紹介です。








実銃は、.38スペシャルを使用する中型リボルバーで、初見ではおなじKフレームであるM19との違いが分かりづらいようにもおもわれます。
しかしながら、エジェクターシュラウドのないバレルやM19に比べれば短いシリンダーなど、これまでモデルアップされていないのが不思議なほど魅力的なモデルだとおもいます。
本モデルもお気に入りではあるのですが、できればタナカがKフレームのVer.2化の際にM15もラインアップに加えてくれれば嬉しいですね。









個人的には短銃身モデルではラウンドバットのほうが好みではありますが、本モデルを手にしてみるとスクエアバットも悪くないな~とおもってしまうのが現金なところではありますね。
いまのところ、元々付いていたハートフォード純正の木製グリップから変更する予定はないのですが、いずれ出物があれば変えてみたいと考えています。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]