< 2018年02>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年02月16日

TANAKA S&W M360PD 1 7/8inch






今回は、タナカの「SMITH & WESSON M360PD 1 7/8インチ」のご紹介です。








実銃は、2002年に発表された米スミス&ウェッソン社の小型リボルバーです。前回までにご紹介したM360SCのバリエーションとなっており、.38スペシャルおよび.357マグナム弾を5発装填可能です。
SC同様、フレームやバレルシュラウドなど主要パーツにスカンジウム合金を、シリンダーにはチタニウム合金を使用しており、リボルバーの近代化モデルの一つの回答と言えそうです。









トイガンとしては、やはり唯一のモデルアップです。
タナカはM360シリーズとして、M360J SAKURA、SC、PD、M&Pと、実銃同様にバリエーション展開をしています。
今回取り上げるのはモデルガンですが、ガスガンでも販売されていますので手にされた方も多いのではないでしょうか。









本モデルも、ガスガンに先行して販売されています。
出荷数としてはガスガンのほうが多いのかもしれませんが、タナカはモデルガン先行で販売してくれることも多く、非常に嬉しいです。
リボルバーという市場は大きくはないのかもしれませんが、現状では競合も少なく、それでいて一定の需要はあると思いますので、ぜひこれからも魅力的なモデルを提供していただきたいと考えています。









  

Posted by Virna at 23:59Comments(0)タナカ [MG]