< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2016年06月05日

キンバーの旅







みなさま、こんばんは。
え~、改めて書くまでもありませんが、当ブログでは最近トイガン紹介の記事のペースが落ちてきてしまっております。しかしながら、物欲のほうは収まってはおらず、それなりのペースで色々と入手していたりします。
一方、当ブログでは関連する機種を2、3丁まとめて記事化する傾向があり、入手はしたものの、ついつい後回しにしてしまっているトイガンがあったりもします。
そういった中でも、数年の雌伏の時期を経てこの1年ほどスイッチが入ってしまい準備を進めた結果、ようやくにも一定の目処が見えてきたトイガンたちがありますので紹介記事を掲載することといたしました。
あまりに寝かせておいたためそれなりの物量となっており、いまのペースで進行すると東京オリンピックが閉幕しても続いているという事態にもなりかねませんが、なんとか巻きで進めていきたいと考えております。
というわけで、近日中にWAのキンバー1911シリーズのトイガン紹介記事を開始する予定です。記事は鋭意準備中ですが、はじまると少し長い旅路となるかと思いますのでお付き合いいただければ幸いです。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2016年04月30日

祝!! ブログ開設9周年!







みなさま、こんばんは。
お蔭さまで本日をもちまして当ブログは開設9年を迎えることができました。
この1年を振り返っても相変わらずの更新回数の少なさと定例の記事の遅れが目立ちますね。怠惰も極まったブログではありますが、お付き合いいただいているみなさまにはお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

この1年の集計としましては、昨日までで総アクセス数:1,504,252、記事総数:1,321、コメント総数:1,885、掲載トイガン数は401となっております。
うちガバ系は154丁で増加。ガバ度は38.4%と、こちらも久々に微増となりました。その前の1年がガバ系の紹介記事0という状況でしたので、その反動かもしれません。

1年間の更新回数は42回で、昨年より減。これは、Gun Magazine誌の休刊とWAの定例記事をなくした影響ですね。ちなみに、ご紹介したトイガンは4丁で、こちらは+1となっております。・・・「トイガンカタログ」の冠に掲げているわりに少ないですね。
そのなかでも個人的には掲載トイガン数400を迎えられたということで、ほっとしております。10周年に向けては「WAから出てそうで出てないシリーズ」を少しずつ記事にしたいと考えております。
みなさまからのコメントが励みとなっておりますので、今後もご愛顧いただければ幸いです。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(4)[閑話休題]

2016年01月22日

組み換え遊び







みなさま、こんばんは。
え~、わたしは以前の記事でも書いていますが、トイガンをカスタムする技量も根気もありませんが、WAガバのパーツを組み換えて違うモデルを再現するということを時折ですが行っています。
それだけが目的ではないのですが、パーツ自体もそれなりの数で購入してきており、組み合わせが適当でよければ数丁が組めるくらいの量となってしまっています。・・・いつか日の目を見ることはあるのでしょうか?
それはともかくとしまして、最近、ごく一部のパーツを組み換えて再現したモデルがありますので、ひさしぶりのトイガン紹介記事として取り上げることにいたしました。
というわけで、次回以降、写真手前のWAベース/レスベア・アルティメット タクティカル キャリーをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2016年01月01日

新年あけましておめでとうございます







みなさま、新年あけましておめでとうございます。

2015年も当ブログは怠惰な1年となってしまいました。当ブログでのトイガン紹介記事は、2014年の1本に対し、2015年は5本と微増となりました。もうすこしなんとか、ですね。
今年はせめて月イチ更新という状況からは脱却したいと考えております。
というところで、今年も一年お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。では、また。  
Posted by Virna at 12:00Comments(2)[閑話休題]

2015年12月31日

今年最後のご挨拶







みなさま、こんばんは。
気がつけば、もう大晦日ですね・・・。早速ですが、個人的な今年の総括をさせていただきます。

トイガン業界全般としては、いまだ景気回復途上といえそうですね。残念ながら国内メーカーからは目立った動きはありませんでした。一方、海外メーカーは変わらず活況を呈しているように思われます。
その中でもタナカは昨年来のS&WリボルバーのVer.2化に続き、「R-model」としてパイソンのリニューアルがありましたね。ぜひともモデルガンでの展開も続けてほしいものです。
WAはちょっと方向性がわからない状態に見えますね。コラボ物もよいですが、もうすこしスタンダードな路線も見たいですね。
我らがマルシン工業は、かわらず独自のペースを維持しているようです。こちらも新しい動きがあるのでしょうか。

専門誌として「Gun Magazine」誌の休刊は残念でした。「Gun Professionals」誌は旧Gun誌からの路線変更をしており、旧Gun誌のテイストを残す専門誌が失われていっている状況はさびしいものです。

個人的な話としては、今年ようやく当ブログでの紹介トイガンが400丁となりました。本当はもうすこしペースアップをしたかったのですが、怠惰な性格は変わりませんでしたね・・・。450丁達成までは相当な時間をいただくことになりそうですが、引き続きお付き合いいただければ幸いに存じます。
今年もありがとうございました!  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2015年09月17日

祝!! 掲載トイガン400丁達成!







みなさま、こんばんは。
え~、早速ですが、前回までにご紹介しました「あじゃカスタム・コルト ホワイトテイラーII」で、当ブログ掲載のトイガンが400丁となりました~。

350丁達成の記事から5年11箇月ほどと、50丁のご紹介にえらく日数がかかってしまいました。350丁達成のときは「50丁に8箇月超」と書いていますね・・・。なんというか、冷や汗が滲んできそうですが、ここまで来られたことにほっとしております。


さて、「恒例」の傾向分析となります。400丁現在 モデルガン145丁(36.3%)に対し、ガスガン242丁(60.5%)。モデルガンに対してのガスガンの比率は依然微増傾向で、とうとうガスガンが6割超となりました。

トイガンメーカー別ではWAの91丁に、マルシン工業が53丁、旧MGCの49丁、KSC48丁、タナカ47丁となっています。WA1強となっているのがなんとも・・・。ちなみに、この間に「あじゃカスタム」が7丁となっています。

実銃メーカー別ではコルト 80丁、S&W 73丁、ベレッタ 32丁でやはり順位に変動なし。
リボルバーは71丁で、比率を落としています。というか、リボルバー少ないですね・・・。
ガバ率は38.0%で、152丁と脅威の伸び率。リボルバーの2倍以上です。すこし冷静になりました。


というところで、400丁の総括は以上です。
450丁の記事がいつになるかはわかりませんが(東京オリンピックが終わってから?!)、今後ともお付き合いいただければ幸いです。
では、また。
  
Posted by Virna at 23:59Comments(2)[閑話休題]

2015年09月05日

MK-Vシリーズの魅力







みなさま、こんばんは。
え~と、あじゃさまに製作いただいたコルト グリズリーについては、みなさまのご記憶にも新しいかとおもいます。
グリズリー自体ももちろんですが、本記事を契機のひとつとしてGun Professionals誌で実銃のグリズリーが取り上げられるなど想い出ぶかいモデルであったりもします。

トイガンとしてはモデルアップの機会に恵まれているとは言えないMK-Vシリーズですが、実銃では意外にもバリエーション豊かで、パイソンのバレルが付いたグリズリーのほかにも魅力的なモデルがあります。今回、グリズリーに続きあじゃさまにそういったモデルのひとつで、8インチ銃身を持った限定モデルを製作していただきました。
というわけで、明日以降、あじゃカスタム・コルト ホワイトテイラーIIを(ようやく)ご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2015年05月17日

久しぶりのトイガン紹介記事で







みなさま、こんばんは。
え~、3箇月ぶりのトイガン紹介としてSR1911 / SR1911 CMDをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか。今回はごく私的なお話をひとつ。
またガバかというご意見もあるかとおもいますが、今回の記事は個人的にはリハビリ的な意味合いも含めたものとなっていたりします。
当ブログはトイガンカタログの看板を掲げつつ、最近は年間のトイガン紹介記事もごく少数となっています。この理由はバタバタした日常やらいくつかあるのですが、そのひとつは難しく考えすぎていたためもあるのかなとおもっています。端的に言うと、きちんとした写真と記事とを用意したいという想いもあり、逆に記事を書くのを躊躇われたというところでしょうか。
とくに写真については課題が多く、もう少し技術の向上をしたいな~と考えていました。
一方で、あくまでアマチュアの書いているブログですし、そこまでは期待されていないだろうという冷静な見方もありますね。
今回の一連の記事は、そういった気持ちの整理の過程を経てのものとなっています。そのひとつの答えとして、これまでよりやや「軽い」気持ちで記事を書いていこうと考えております。
とはいえ、日々の環境が変化するでもなく、今後画期的に記事の数が増えるというわけにもいきませんが、引きつづきお付き合いいただければ幸いです。では、また。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2015年05月12日

揃うとうれしい







みなさま、こんばんは。
え~と、みなさまもご存知のとおり、当ブログはいちおうトイガン紹介ブログとなっております。これまで400丁弱のトイガンを紹介してきましたが、それぞれに魅力を感じている一方で、時には「コレおなじの持ってない?」という自体が発生していたりもします。
・・・すみません、前回とおなじ書き出しではじめてしまいましたが、客観的に見て「コレを買う必要があったの?」とおもわないでもないのは事実ですね。
以前の記事でも「刻印が異なると別モデル」と言っていたり、実際にそれらを蒐集したりしています。
冷静に考えればイロイロ危うい気もしますが、まあ、スタンダードサイズとコマンダーサイズなら手を出してもしかたないよねと自分で自分を納得させていたりもします。
というわけで、SR1911に続きまして、あした以降、WA・SR1911 CMDをご紹介してゆきます。恐ろしく代わり映えのしない写真が多くなりますが、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]

2015年05月06日

小さなこだわり







みなさま、こんばんは。
え~、みなさまもご存知のとおり、当ブログはいちおうトイガン紹介ブログとなっております。これまで400丁弱のトイガンを紹介してきましたが、それぞれに魅力がある一方で、時にはちょっぴり残念な箇所があったりしました。
もちろんトイガン化されただけでも嬉しいのですが、再現性で残念な箇所を見つけてしまうことがあるわけですね。
それは、たとえば刻印であったり、パーツの再現性であったりします。それらは商標やトイとしての強度の問題を起因としていたりもしますが、なかにはもうすこし頑張ってほしい残念さがあることもあります。
最近のWAの製品でいえば、一連の1911は頑張ってはいるものの、既存のパーツを転用して済ましているモデルもあったりして残念な気持ちになることがあります。フレームのトリガー上のラインやスライドのセレーションの形状などもそうですが、それなりの価格帯だけに頑張ってほしいとおもってしまいますね。
これらの「気になる点」を自分でなんとかできればよいのですが、腕もふんぎりもない身としては超えがたい壁になることもありますね。
次回以降ご紹介のモデルは、そういった自分ではどうにもできない箇所がありましたが、最近とある方に無理をお願いし「解消」できたモデルとなります。
というわけで、あした以降、写真のWA・SR1911をご紹介してゆきます。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]