< 2017年10月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2016年11月29日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しておりますので、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌でご確認ください。

 
2017年1月号も特集記事なしとなっています。
実銃記事では「SIG SAUER 1911」が気になりました。スコーピオンは個人的に気になるところですが、トイガンでの再現は難しそうですね。SIG 1911は、ブログのネタにしようと準備していてお蔵入りにしてしまったことを思い出しました・・・。なんとかせねばですね。
「モデル34,22A,422」も興味深いものが。なかでもモデル22Aは独特の存在感がよいな~と。でも、22口径はトイガン化は望めないですね。


トイガン関係では、ハートフォードのSAA ラバー・モデルが気になるところです。もちろん、わたしはガンプレイなどできないのですが、ここまでチャレンジングなモデルはなかなかないのではと思います。


今月はあっさりめで・・・。しかし、表紙は先月までの路線からはやや戻ったものの、色合いがちょっと・・・。写真のことはよくわかりませんが、コレはどういう意味合いなのでしょう。旧Gun誌の表紙がいかに優れていたかと思わされます。というところで、では、また。
  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2016年10月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。ちょっとアレな心持ですが、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌にてどうぞ。

 
2016年12月号も特集記事なしですね。
実銃記事で気になったのは「ベレッタ92S」ですね。トイガンで見知っているモデルとは細かい点が異なっていて興味深いです。やはりこの頃はラインが流麗でよいですね。
最近CZ75系の記事が多い気もしますが、「CZ75B オメガ コンバーチブル」もよいかもです。このあたりは海外メーカーがさくっとモデルアップしそうですが、国内メーカーからは望めそうにないですね。


トイガン関係はやはりタナカから。先月に続き「コルトパイソン6インチ R-model ニッケルフィニッシュ」がよいですね~。そろそろ入手したいのですが、いろいろ物入りで手が出せず。そうこうしている内に市場からなくなりそうで怖いです。
B.W.C.のSpringfield Armory Loaded Lightweight Bi-Toneも魅力的ですね。カスタム内容を考えれば決して高くはないのだと思いますが、ちょっと手が出ません。手持ちのWAのパーツでそれっぽいものを作って満足するしかないですね。


今月号は表紙がまた・・・。書店で平積み状態でしたが、まったく「それっぽく」なく、初見ではスルーしてしまいました。コレが「正解」で、ずっとこの路線で行くのでしょうか。ちょっと寂しいですね。というところで、では、また。
  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2016年09月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。というわけで、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌にてご確認くださいませ。

 
2016年11月号も特集記事はなし。
「ケルテック KSG」はタイミング的に必要な記事ですかね。
個人的には「FNファイブ・セブン MK2」ですかね。我らがマルシン工業がさらっとモデルアップしてくれないですかね~。
「M&P 45シールド」はやや既視感が。いや、いいんですけどね。なかなかトイガン化には結びつかないものですね。


トイガン関係は今月もタナカからですね。「コルトパイソン4インチ R-model ニッケルフィニッシュ」はいいですね。ぜひ欲しいです。S&WのVer.2モノはそれなりに買い進めてきたのですが、R-modelは追い付いていない状況です。
HWS・HScのブルーイングモデルは順当なところでしょうか。う~ん、でも、刻印は再現をしてほしいですね~。


今月号の表紙は・・・。以前のアームズマガジン誌がこういう感じだった気がしますね・・・。個人的にはちょっとアレですね。というところで、では、また。
  
Posted by Virna at 23:59Comments(2)[Gun専門誌]

2016年08月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。というわけで、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌にてご確認くださいませ。

 
2016年10月号は特集記事なし。いや、CZにややスポットが当たっているかもですね。
今月号は個人的に興味のあるハンドガンが取り上げられておりよかったです。
「ショーティ.40 Mk3」はこういうモデルがあったんだな~と。WAがモデルアップしやすい造形となっていますね。
一方、「プロフェッショナルモデル」はWAでは完全版がでない(出せない?)モデルもあり、ザンネンだな~と。


トイガン関係は、今月はタナカから。「九四式自動拳銃 前期型HW」は・・・、コレ、HWSが以前に出していたものですかね。HW化されただけでしょうか。
個人的に驚いたような、納得したようななのは、HWSのHScバリエーション。クロスハッチモデルと言われても写真一枚ではちょっと特徴が捉えられずです。詳細知りたいですね。あと、できれば直販分だけでも刻印再現をしていただきたいのですが、やはり難しいのでしょうか。


先月号までは表紙の路線転換があるのかなと期待したのですが、今月号は・・・。こういう月もあるのでしょうが、これがずっと続いては、ちょっとですね・・・。というところで、では、また。
  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2016年07月31日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきましたので、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌にてどうぞ。

 
2016年9月号は「メタルフレームの時代」とし特集記事が組まれております。まあ、たまにはこういう切り口もアリですかね。
個人的には「ワルサー PPK戦中モデル」と「コルト ウッズマン マッチターゲット」がよかったですね。当ブログでも、いずれマルシンPPKとMGCウッズマンをもう一度記事にしたいな~と考えております。
一方、「S&W モデル27 3,5"」と「ベレッタ モデル92SB」は色々と残念で・・・。別の方で記事を読みたいものです。


トイガン関係は、やはりモーゼルHScが手厚くなっていますね。入手はまだですが、楽しみにしております。
タナカのS&W Ver.2は、今月はM500 パフォーマンスセンター マグナムハンター 6.5インチですね。着実にバリエーション展開が進んでいますね~。つぎはM19あたりでしょうか。
HWS・No.3 デリンジャーのニッケルモデルも魅力的ですね。いずれは入手したいものですね~。


写真自体はともかく、表紙の路線は変わっていくのでしょうか。気になるところではあります。
WAキンバー1911記事はここのところお休みをいただいておりますが、少しずつながら準備を進めております。というところで、では、また。
  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2016年06月28日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入しております。簡単ではありますが、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌にてご確認をお願いいたします。

 
2016年8月号も特集記事はありません。
「CZカスタム」の記事では、バリエーションの多さに驚きました。う~ん、本当に色々とあるんですね~。一方、トイガン化の機会には、それほど恵まれていないようにおもわれるのが残念です。記事の最終ページの「ショートレール計画」はちょっと興味深いですね。
幻のヨーロピアン.45ACP マウザー M2」は、久しぶりの記事化ですね。というか、すっかり忘れていたモデルでした・・・。悪くないモデルのようですが、華がないのでしょうか。あるいは、ロテイティングバレルは難しいのですかね。


トイガン関係では、今月もタナカのモデルガンですね。パイソンのR-モデルはようやくの登場ですね。これは欲しいです。S&W Ver.2では、M500ESとなっています。リニューアルとは言え積極的にラインアップを増やしているのはすごいですね。
HWS・Mauser HScは今月は1ページ。おいおい入手予定ですので、いずれ当ブログでもご紹介したいと考えております。


今月号の表紙写真はちょっとよかったです。こちらの路線になってくれれば、個人的には嬉しいところです。
あと、キンバー1911の記事は近々再開予定でおります。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2016年05月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきました。簡単ながら、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌にてご確認をお願いします。

 
2016年7月号も特集記事はなしですね。
「ワルサー PPQ M2」の記事では、そんなにポテンシャルが高かったのか~と感心したり。また、ポリマーオートの5インチ(前後)銃身モデルが並んでいるのは楽しいですね~。トイガンでもこういう写真を撮りたいです。・・・うん、ウチも記事を頑張って書こう。
「レス・ベア カスタム 1911」は、専門誌では珍しいの記事化ではないかと。そういえば、ウチもWAのガスガンでまだ記事にしていないモデルがあったような・・・。
「ダン・ウェッソン 1911」もよいですね。こちらも気になるモデルがあります。WAはモデルアップしないのでしょうか。


トイガン関係では、先月に続きタナカのS&W Ver.2としてM500 3+1インチモデルとM60の2インチ、3インチが紹介されています。どちらも魅力的ですね~。いや~、これは資金が続きません。
HWS・Mauser HScは2ページで記事に。なかなかこだわりが込められており、こちらも手にするのが楽しみです。


表紙の写真は相変わらずですね~。旧Gun誌とは異なった意味で代わり映えのないという。この路線なら新しい読者を掴めるのでしょうか。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2016年04月29日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきております。詳細は、本誌にてご確認をお願いします。

 
2016年6月号も特集記事はなし。
個人的には、やはり「ベレッタM9A3」に興味が。と思ったのですが、見開きページから本体色に違和感大きく、ちょっと驚きました。ページを進むと屋外での写真があり、こちらは落ち着いた色合いになっていたので、まあ、こんなものか、と。写真としてはちょっとどうなのかと思わないでもないです。トイガン化としては、海外メーカーはあるかもですが、日本のメーカーでは望めそうにないですね。
「ブラウニングハイパワー Mark III」と「ベレッタPICO」の記事が続くのは面白いなと思いました。まったく雰囲気が異なりますね。あと、後者はちょっとキレイすぎて、トイガンには向かない気も。エアコッキングならちょうどよいように思われます。


トイガン関係では、タナカのS&W M&P 360とM500 Ver.2が紹介されています。M360系は商品展開が続いていますね。たしかによいモデルガンだと思います。欲を言えば、そろそろグリップも異なるタイプを採用してほしいところです。
HWS・Mauser HScもじわじわと仕上がってきているようで楽しみです。これは買わないとですね~。
一方、B.W.C.のKimber Ultra RCP II は手が届かないながら気になるところです。できれば、もう少し紙面を割いていただいて写真を掲出してもらいたいです。
WAの1056 Buntlene Specialは・・・。コメントのしようがありません。強いて言えば、ここまでするなら、もう少し違うモノに力を入れてほしいです。


今月号は表紙が幾分よい雰囲気に思われました。ただ、以前ほどに内容にドキムネな状態にならないのは歳をとってしまったからでしょうか。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2016年03月30日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。今月もGun Professionals誌を購入してきておりますので、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌にてご確認ください。

 
2016年5月号は、特集記事はないようですね。
個人的に興味があったのは、「ルガーアメリカンピストル」ですね。なんというか、ルガーらしくないデザインは好みが分かれるかもですが、細いグリップは魅力的ですね。またもや日本のメーカーからはモデルアップされなさそうですが、海外メーカーからは出るのでしょうか。
「デトニックス ポケット9」は・・・。こちらもなかなか個性的なモデルですねぇ。なぜそうなったと思わないでもないですが、まあ、野心的とは言えそうですね。まずないとは思いますが、トイガン化したら・・・買わざるをえないでしょうね。


トイガン関係は、タナカのS&W M1917 .45のスチールジュピターから。なかなか魅力的な商品ですね。とくにタナカのこの手の仕様は、買い逃すと次がないかもというのがイタイところです。
HWSのギャンブラーズモデルもイイですね~。ぜひ手にしたいものです。HScの続報も気になるところです。


あっという間に桜の季節ですね。年度末ということで予想以上にバタバタしており、落ち着かない日々を過ごしております。悪だくみをしていたトイガンネタもそろそろなんとかしなければですね。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]

2016年02月28日

Gun Professionals誌購入







みなさま、こんばんは。え~、今月もGun Professionals誌を購入してきました。簡単ではありますが、いつもの感想記事をお届けいたします。詳しい内容は、本誌にてご確認くださいませ。

 
2016年4月号は、「SHOT SHOW 2016」の特集がメインとなっています。
いくつか興味のあるモデルがありましたが、なかでもデザートイーグルを小型軽量化したというL5は、ぜひ特集を組んでほしいですね~。
また、STIのヘックスタクティカルもなかなかインパクトがありました。ただ、これは個人的にそこまで惹かれない気も・・・。WAがモデルアップしたら手を出しちゃうかもですけれど。
それにしても、全体像が分からないのでなんとも言えませんが、すこし前より1911の数が少ない印象ですね。編集の都合でしょうか。
「SIG SAUER P229 LEGION」もいいですね。SIG SAUERももう少しトイガン化されると嬉しいです。タナカはP22×系の金型をうまく使ってほしいですね。


トイガン関係は、タナカからスタート。Ver.2化が進んでいますね。買い逃しているモデルもあるので、ぜひ進めてほしいものです。
B.W.C.のBOB CHOW Special Ver.1は、ここに来たか~という感じですね。こちらはさすがに手が出ませんが、今後の展開が楽しみです。


2月ももう終わりですね・・・。年度末に向けてバタバタしてきており、なんとなくトイガン記事の準備も進まずです。・・・言い訳ですね。というところで、では、また。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[Gun専門誌]