< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
過去記事
アクセスカウンタ
プロフィール
Virna
Virna
トイガン歴20年ほどの「中堅フリーク」です。あまり知識はありませんが、これまで蒐集してきたトイガンを振り返る意味も含め、少しずつ紹介しています。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
オーナーへメッセージ

2018年09月24日

WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II のおまけ2






本日もWAベース・キンバー グランドラプター IIのおまけ写真をお届けします。






▲ラプター IIと同じくスライドトップにはセレーション







▲ボマータイプのリアサイトが存在感を発揮しています







▲最後はやはりラプター IIと
精悍さと優美さとを感じます



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年09月23日

WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II のおまけ






本日は、WAベース・キンバー グランドラプター IIのおまけ写真をお届けします。






▲リアサイト周り
リアサイトは社外品を取り付けていただいています







▲グリップパネルはこちらもアルタモント製







▲フレームのフロントストラップにも加工が施されています



  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[おまけの写真]

2018年09月22日

WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II のつづき






本日は、きのうに続きまして WAベース・キンバー グランドラプター IIのご紹介です。








本モデルもWAからモデルアップがなかったため、前回のトイガン紹介記事でご紹介いたしましたラプター IIをベースに再現いただいたものとなります。
前述のとおりフレームのシルバーがよいアクセントになっておりモデルアップされてもよさそうですが、「ボマーサイトのトイガンは売れない」のか、実現していません。
まあ、出たら出たで、ややフクザツになるかもですね。









本モデルの表面仕上げは、独特のセレーションを活かすために薄膜の塗装で仕上げていただいております。写真にはうまく写せていませんが、ヘアラインが施されており派手過ぎない仕上がりになっています。
ちなみにグリップパネルはアルタモントのものですが、色合いもまずまずでよい雰囲気になっているとおもいます。
ウォーリアSOCもそうでしたが、キンバー1911にはまだまだ魅力的なモデルがあるので、WAにも頑張ってもらいたいものです。






  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[きのうのつづき]

2018年09月21日

WA-base KIMBER GRAND RAPTOR II






今回は、WAをベースに再現いただいた「KIMBER GRAND RAPTOR II」のご紹介です。








実銃は、米キンバー社の1911で、カタログでは「RAPTOR」に入るモデルとなります。
こちらもキンバー カスタムショップ製で、スライド側面とグリップのフロント部に施されたうろこ状のセレーション「ラプターセレーション」が外観の特徴となっています。
また、ラプター IIとは異なり、スライドの黒に対しフレームはシルバーとなっているのも意匠上のポイントとなっていますね。









トイガンとしてはモデルアップされていません。
WAがラプター IIをモデルアップした際にこちらもラインアップに加わるかと期待しましたが、残念ながら実現してないですね。
ボマータイプのリアサイトを採用したキンバー1911としてはゴールドマッチ II / ステンレス ゴールド マッチ IIのみのモデルアップとなっていますので、グランドラプター IIがラインアップに加わらないのは、残念ながらそのあたりにも理由があるのかもしれませんね。









唯一モデルアップしてくれそうなWAでもその気配がなさそうなため、こちらもモデル工房Sさまにスライドの刻印変更をお願いし、リアサイトの取り付け加工と塗装とをあじゃさまに行っていただきました。
出来上がった本モデルは、フレームのシルバーがラプターセレーションの攻撃的な印象を和らげ、むしろエレガントさすら感じさせる仕上がりとなっています。
これはWAでモデルアップしてくれれば人気モデルとなりそうですが、いかがでしょうか。









  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)WA [GG]

2018年09月20日

気高き猛禽







みなさま、こんばんは。
え~、前回のトイガン紹介記事で、WA渾身の1丁と言えそうなキンバー ラプター IIをご紹介いたしました。
細かな再現性はともかくとして、スライドやフレームの後加工は、それなりの満足感を与えてくれるモデルでした。
このカテゴリーからは、この後にウルトラ ラプター IIが続くのですが、その一方で、いまに至るもラインアップに加わらないモデルもあります。
ラプターセレーションという特徴的な意匠を持ち、ボマータイプのリアサイトを備え、フレームをシルバーにすることでさらにエレガントさを加えたそのモデルは、カタログで見た時から手にしたいとおもったものでした。
というわけで、明日以降、ラプターセレーションを纏うもうひとつ銃、WAベース・キンバー グランドラプター IIをご紹介いたします。お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。  
Posted by Virna at 23:59Comments(0)[閑話休題]